Really Simple CSV ImporterでWordPressのカスタムフィールド(Smart Custom Fields)の繰り返しフィールドにデータをインポートする方法

カスタムフィールドのプラグインは Smart Custom Fields を使っています。
CSVをインポートするプラグインは Really Simple CSV Importer を使いました。

Smart Custom Fields は、繰り返しフィールドが使えるので大変重宝しているプラグインです。今回、カスタムフィールドの繰り返しフィールドをCSVで一括登録したく、インポートする方法を探していた所、Really Simple CSV Importer のアドオンをインストールすることでインポートすることができました。

“Really Simple CSV ImporterでWordPressのカスタムフィールド(Smart Custom Fields)の繰り返しフィールドにデータをインポートする方法” の続きを読む

常時SSLで新規にWordPressをインストールする方法

やることは http:// で WordPress をインストールすることと同じです。
お問い合わせフォームなどの特定のページだけ SSL にしたい場合は、WordPress HTTPS (SSL) 等のプラグインを利用するのですが、常時SSLとして運用する場合は、特にSSLにするためのプラグインは必要ありません。

http://example.com/wp-admin/setup-config.php
↑からインストールしていたのを、
https://example.com/wp-admin/setup-config.php
https://~~ からインストールすればいいだけです。

公開ページは、 http:// 、 https:// のどちらでもアクセスができますが、ログイン画面と管理画面には http:// からアクセスする https:// にリダイレクトされ、強制的にSSL接続となるので、wp-config.php ファイルに define(‘FORCE_SSL_ADMIN’, true); と記述する必要はなさそうです。

以下は常時SSLとしてWordPress をインストールした時の流れです(非SSLでインストールするのと全く同じです)

“常時SSLで新規にWordPressをインストールする方法” の続きを読む

Contact Form 7 リアルタイムでエラーをチェックをする方法

最近よく目にするEFO(エントリーフォーム最適化)、その中で重要でかつ、あまり実践されていないのが、ユーザーがどの入力項目にエラーがあるのかリアルタイムで把握できる機能ではないでしょうか。僕もよく、入力が完了し送信ボタンをクリックした後に、「全角で入力してください」とエラーを出されイライラさせられるフォームに出会います。僕は慣れているのでこれでフォームから離脱することはないのですが、あまりパソコンやスマホに慣れていない人は面倒くさくなって離脱してしまうという気持ちが分かります。

ですので、WordPressのお問い合わせフォームなどのメールフォームプラグインでよく使われているContact Form 7 にリアルタイムでエラーをテェックできる機能を追加できないかと思いやってみました。今のところ問題なく動作しています。

“Contact Form 7 リアルタイムでエラーをチェックをする方法” の続きを読む

WordPress プラグインなしでソースコードをシンタックスハイライトさせる方法 highlight.js

WordPressで記事の中にソースコードをシンタックスハイライトさせる方法としてSyntaxHighlighter Evolved Crayon Syntax Highlighterといったプラグインを利用する方法が一般的だと思いますが、「highlight.js」というJavaScript ライブラリを使う方法もあります。

highlight.jsを使うメリットとしては、軽量でサクサク表示してくれるということが1番目・・・というかこれにつきると思います。また、WordPressプラグインをむやみに増やしたくないという人も多いかと思いますので、そんな人にもhighlight.jsはおすすめです。バージョンアップも頻繁に行われており、新しいスタイルや言語も追加されていっているので気分転換にちょこちょこスタイルを変えて楽しむということもできます。

“WordPress プラグインなしでソースコードをシンタックスハイライトさせる方法 highlight.js” の続きを読む