Titan セキュリティ キー Bluetoothでの使用方法

「Titan セキュリティ キー」が日本でも発売されたので Google ストア で購入してみました。
Titan セキュリティ キーは2段階認証プロセス(2FA)に対応する FIDO 標準を実装し、2段階認証プロセス(2FA)として使用する物理キーです。
パスワードと組み合わせて2段階認証を構築することで、フィッシングを防止し、オンライン アカウントへの不正アクセスを防ぐ事ができます。

簡単に説明すると、Titan セキュリティ キーを使い2段階認証を構築していれば仮にパスワードが突破されても、このTitan セキュリティ キーがなければ不正アクセスをされることはないということです。

Titan セキュリティ キーの箱
Titan セキュリティ キーのセット内容

USB と Bluetooth セキュリティ キー どちらを使うか?

Titan セキュリティ キーには、物理的な USB セキュリティ キーと、Bluetooth セキュリティ キーが付属します。
USB セキュリティ キーはUSB / NFCで利用でき、Bluetooth セキュリティ キーはUSB / NFC / Bluetoothで利用できます。
Googleによると「どちらか一方を主に使用し、もう一方は安全に保管してください。」とのことです。
僕の場合は職場・出先・自宅と持ち運んで使用するケースが多いので、Bluetoothで使えた方が利便性が高いため「Bluetooth セキュリティ キー」を使用します。
USB セキュリティ キーは充電の必要がないというメリットがありますが、持ち運び時のUSBの抜き差しが面倒だなと思いました。Bluetooth セキュリティ キーは充電が必要ですが、海外の記事を見ると、使い方にもよるだろうけど数ヶ月は持ちそうなのでBluetooth セキュリティ キーを選びました。
購入した目的はWordPressの2段階認証で利用したいためで、WordPressにログインするたびにTitan セキュリティ キーを利用することになるので、ほぼ毎日使用することになると思います。
WordPressで利用する方法は↓のエントリーをご覧ください。

Bluetooth セキュリティ キー
Bluetooth セキュリティ キー

Titan セキュリティ キーとPCをペアリングする

今回はTitan セキュリティ キーとWindows 10 のパソコンをペアリングしBluetooth セキュリティ キーで2段階認証を行います。

Windows 10 の左下の窓ボタン → 設定 → デバイス → Bluetoothとその他のデバイス を開きます。

Bluetoothデバイスを追加する手順1
Bluetoothをオンにし、+マークをクリックします。
Bluetoothデバイスを追加する手順2
Bluetoothをクリックします。
Bluetoothデバイスを追加する手順3
Titan セキュリティ キーの真ん中のボタンを長押しペアリングモードにします。
ペアリングモードになるとTitan セキュリティ キーのBluetoothマークが青色に点滅します。
Bluetoothデバイスを追加する手順4
Titan セキュリティ キーの裏面の上部右側に書いてある6桁の英字と同じデバイス名をクリックします。
Bluetoothデバイスを追加する手順5
同様にTitan セキュリティ キーの裏側に書いてある6桁の数字(PIN)を入力し、接続をクリックします。
Bluetoothデバイスを追加する手順6
「ペアリング済み」と表示され、ペアリング完了です。

GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証(Firefoxでの手順)

以下はFirefoxで行った場合の手順です。Google Chromeとの違いはChromeの場合だと途中で1度「セキュリティ キーのメーカーとモデルの読み取り許可」を求められ許可をする手順があるということだけです。
また、既に「認証システム アプリ」や「音声またはテキスト メッセージ」などの2段階認証が1つ以上設定されている場合の手順となります。
Google アカウントにはじめて2段階認証を設定する場合はこちらの手順をご覧ください(こちらはGoogle Chromeで設定しました)。

Googleアカウントのセキュリティを開きます。
https://myaccount.google.com/security
↑のURLからか、Googleのページを開き、右上のアイコン → Google アカウント → セキュリティ をクリックします。

GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順1
Googleのページを開き、右上のアイコン → Google アカウント → セキュリティ の2段階認証プロセスをクリックします。
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順2
Googleアカウントのパスワードを入力し、次へをクリックします。
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順3
予備手順の2番目を設定の「セキュリティ キーを追加」をクリックします。
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順4
次へをクリックします。
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順5
この画面が一瞬表示されます。
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順6
Titan セキュリティ キーの真ん中のボタンを押します。
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順7
この画面が一瞬表示され、すぐに消えます。
(この後、Google Chromeだと「セキュリティ キーのメーカーとモデルの読み取り許可」を求められるのですがFirefoxだと求められませんでした。)
GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証を設定する手順8
任意のセキュリティ キー名を入力し完了をクリックします。(入力しなくても問題ありません。)

これでTitan セキュリティ キーの登録は完了です。
Google アカウントの セキュリティ → 2段階認証プロセス を確認すると下の画像のように「セキュリティ キー」が追加されておりデフォルトになっています。

GoogleアカウントをTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順9

次回からGoogle アカウントにログインする際は Titan セキュリティ キー を使った2段階認証となり、ログイン画面でパスワードを入力し次へをクリックすると、下の画像のように「Bluetooth セキュリティ キーをオンにするか、USB ポートに挿入します。」と求められるので、Bluetooth セキュリティ キーの真ん中のボタンを押して2段階認証します。

Titan セキュリティ キーのBluetooth セキュリティ キーで2段階認証
Bluetooth セキュリティ キーの真ん中のボタンを押すとGoogle アカウントにログインできます。

Titan セキュリティ キー はFacebook、Twitter、GitHub、Dropbpx、WordPressなどでも使えます。
セキュリティ キーの登録はどれも簡単に行えました。下記はFacebookにBluetooth セキュリティ キーを登録した手順です。

FacebookにBluetooth セキュリティ キーを登録する方法

Facebookに2段階認証が設定されていない場合はセキュリティ キーでの2段階認証の設定ができないため、まず認証アプリかSMSなどの2段階認証を設定をしてください。

Facebookの、設定 → セキュリティとログイン → 二段階認証 の「二段階認証を使用」をクリックします。(パスワードの入力を求められた場合はパスワードを入力し次へをクリックします。)

Titan セキュリティ キーをFacebookに登録する方法1
バックアップを追加のセキュリティ キーの設定をクリックします。
Titan セキュリティ キーをFacebookに登録する方法2
Bluetooth セキュリティ キーの真ん中のボタンを押します。
Titan セキュリティ キーをFacebookに登録する方法3
この画面が一瞬表示され、すぐに消えます。
Titan セキュリティ キーをFacebookに登録する方法4
セキュリティ キーのメーカーとモデルの読み取り許可を求められるので許可をクリックします。(Firefoxだと表示されませんでした)
Titan セキュリティ キーをFacebookに登録する方法5
「セキュリティキーが追加されました。」と表示され登録完了です。右上の✕マークか右下のキャンセルをクリックし閉じます。

以上でFacebookに Bluetooth セキュリティ キーの登録完了です。
とても簡単ですぐ終わります。他にもTwitterとDropboxとGithubにBluetooth セキュリティ キーを登録しましたが、同じような手順で簡単に登録できました。

ただ、うまく動作しなかった場合もありました。Google アカウントの2段階認証のセキュリティ キーをBlueTooth セキュリティ キーとスマートフォン(Google Pixel 3a)の2つを追加した場合、どちらの認証もエラーとなり2段階認証がうまく動作しませんでした。BlueTooth セキュリティ キーがうまく動作しない場合はセキュリティ キーにスマートフォンを追加していないか確認してみてください。スマートフォンが追加されている場合はスマートフォンを削除してパソコンを再起動すればBluetooth セキュリティ キーで2段階認証できるようになると思います。

【補足説明】Google アカウントにはじめて2段階認証を設定する場合の手順(Google Chromeで設定した画像になります)

はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順1
2段階認証プロセスをクリックします。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順2
開始をクリックします。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順3
Googleアカウントのパスワードを入力し、次へをクリックします。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順4
『別の方法を選ぶ』をクリックし、「セキュリティ キー」をクリックします。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順5
次へをクリックします。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順6
この画面が一瞬表示されます。「セキュリティ キーをパソコンのUSBポートに挿入するか、USBケーブルを使ってパソコンに接続します。」と書いてありますが、Bluetoothでも登録できます。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順7
Titan セキュリティ キーの真ん中のボタンを押します。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順8
この画面が一瞬表示され、すぐに消えます。
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順9
セキュリティ キーのメーカーとモデルの読み取り許可を求められるので許可をクリックします。(Firefoxだと表示されませんでした)
はじめてGoogleアカウントにTitan セキュリティ キーで2段階認証する手順10
任意のセキュリティ キー名を入力し完了をクリックします。(入力しなくても問題ありません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です