常時SSLで新規にWordPressをインストールする方法

やることは http:// で WordPress をインストールすることと同じです。
お問い合わせフォームなどの特定のページだけ SSL にしたい場合は、WordPress HTTPS (SSL) 等のプラグインを利用するのですが、常時SSLとして運用する場合は、特にSSLにするためのプラグインは必要ありません。

http://example.com/wp-admin/setup-config.php
↑からインストールしていたのを、
https://example.com/wp-admin/setup-config.php
https://~~ からインストールすればいいだけです。

公開ページは、 http:// 、 https:// のどちらでもアクセスができますが、ログイン画面と管理画面には http:// からアクセスする https:// にリダイレクトされ、強制的にSSL接続となるので、wp-config.php ファイルに define(‘FORCE_SSL_ADMIN’, true); と記述する必要はなさそうです。

以下は常時SSLとしてWordPress をインストールした時の流れです(非SSLでインストールするのと全く同じです)

“常時SSLで新規にWordPressをインストールする方法” の続きを読む